• TEL: 048-866-1717
  • 医療法人社団 松弘会 三愛病院 JR武蔵野線「西浦和駅」下車 徒歩7分。さいたま市の24時間対応の救急病院です。
脳神経外科メインビジュアル

三愛病院脳神経外科

4人の常勤医と、大学教授を含む専門性の高い日常勤医で幅広い脳疾患の治療に当たっている脳神経外科。

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの脳血管障害や頭部外傷に対しては、開頭手術や血管内手術、血栓溶解法、血栓回収術などに24時間対応。
MRIを24時間稼働させるなど正確な診断による治療のため体制を整えています。

脳腫瘍や脳出血に対する侵襲の少ない神経内視鏡手術にも対応。
脳の中に直径3〜5mmも細い内視鏡を入れ、中の病巣を直接観察しながら行う術式で、開頭手術と比べて手術時間も約半分になり患者の体への負担も軽減される。

転移性脳腫瘍や髄膜腫などには、ガンマナイフによる治療を実践。カンマナイフ治療を行える病院は数が限られているため、がんセンターや大学病院からも、紹介患者が訪れています。

痙縮、ジストニアなどに対応する機能神経外科、ボトックス治療なども各分野の治療に精通した非常勤医師を招集しています。
頭痛やめまいなど一般的な診療から救命救急、高度な最先端治療まで。
三愛病院脳神経外科は幅広い脳の病気に対応しています。

ガンマナイフ

ガンマナイフとは、ガンマ線(放射線の一種)を用いて、脳病巣をナイフで切り取るかのようにコントロールする治療法のことです。つまり、開頭手術をせず脳内病変を治療する極めて低侵襲な脳外科治療の一つです。
三愛病院では院内にさいたまガンマナイフセンターを設立し治療を行なっています。

さいたまガンマナイフセンターは、埼玉県下唯一のガンマナイフ治療施設として2004年9月にオープンし、現在までに8500件以上の治療を行ってきました。

当センターではガンマナイフ治療のみならず、脳深部刺激療法(DBS)、ガンマナイフ治療と外科手術を組み合わせた手術システムを開発し、最新の設備と技術を駆使しています。 患者様一人一人の心のケアを重視し、最善のケアが受けられるセンターを目指しています。

担当医師

三愛病院脳神経外科部長小原 琢磨(おばら たくま)
東京女子医科大学脳神経外科林 基弘(はやし もとひろ)
おちあい脳クリニック院長落合 卓(おちあい たく)
相澤病院脳神経外科四方 聖二(よも しょうじ)

脳血管治療

脳血管治療については、開頭手術や血管内治療、脳動脈奇形に対するガンマナイフ治療など、三愛病院における治療の方法は多く確立されています。

一般的な脳梗塞に対しては、t-PAを使って症状が改善しない場合に、当院ではカテーテルによる血栓回収術へと速やかに移行することができます。

t-PAによる血管の再開通率は、約38%と言われています。t-PAが効かない場合に行う血栓回収術は、カテーテルを血栓まで近づけて吸引する方法と、血栓をステントに絡めて引き抜く方法があり、血栓を回収した後は血流を著しく良くし、症状を大きく改善させることができます。

術後や解離性脳動脈瘤などで出血の恐れがあってt-PAを使用できない症例にも適応できますし、また発症4時間半以内にというt-PAに対し、血栓回収術は8時間以内が適応と言われているので、時間的にも幅が広くなっています。

血管内治療ではこのほか、脳動脈瘤に対するコイル塞栓術、髄膜腫に対する腫瘍塞栓術、脳動脈奇形に対する塞栓術、頸動脈狭窄に対するステント留置術などを主体に行なっています。

担当医師

三愛病院院長猪野 裕通(いの ひろみち)
三愛病院脳神経外科松村 潤(まつむら じゅん)
自治医科大学さいたま医療センター
脳神経外科
吉野 義一(よしの ぎいち)

神経内視鏡

神経内視鏡手術は、脳の中に直径3〜5mmの細い内視鏡を入れて脳の中の病巣を直接観察しながら行う手術のことです。手術時間は開頭手術に比べ半分程度と短く、患者さんの体への負担が少ない低侵襲な手術の一つです。

例えば、脳出血の場合、神経内視鏡を用いる手術では頭蓋骨に小さな孔を開け、周囲を観察しながら血腫を取り除くことができます。

下垂体腫瘍では、鼻腔を経由し下垂体部分まで内視鏡を到達させ腫瘍を取り除くもので、手術の際の鼻粘膜損傷も少なく安全に手術ができます。
通常の水頭症シャント手術では、体の中に管を埋め込む必要がありますが、神経内視鏡手術ではその必要はなく、複雑な形態をもった水頭症の患者さんにも威力を発揮します。

これまでの手術用顕微鏡を用いた開頭手術では、どうしても病巣に対して視野が遠くなりますが、神経内視鏡では、より病巣に近接して観察できるため顕微鏡の死角を補ったりしながら治療することが可能です。また近接して横からや裏側からも観察することも可能で、正面からだけの観察より詳細な観察が可能となります。

担当医師

三愛病院脳神経外科渡邉 丈博(わたなべ たけひろ)

機能神経外科

ジストニア、パーキンソン病をはじめとする不随意運動の原因となる疾患に対して、原因の精査を行うとともに内科的な治療での治療困難な場合などによっては標的となる神経核に対して、定位的脳手術(ステレオタクティックサージャリー)による治療を行なっています。

ジストニアとは
ジストニアは、脳(主に大脳基底核)や神経系統の何らかの障害により、持続的または不随意的に筋肉が収縮したり固くなったりする難治性の疾患です。

担当医師

東京女子医科大学脳神経外科平 孝臣(たいら たかおみ)

ボツリヌス治療

ボツリヌス菌が作り出す天然のタンパク質(ボツリヌストキシン)から生成される薬を筋肉内に注射する治療法です。ボツリヌストキシンには、筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があるため、注射した筋肉の緊張を和らげる効果があります。

ボツリヌス治療で効果が期待できる病気
眼瞼痙攣(がんけんけいれん)や顔面攣縮(がんめんれんしゅく)だけでなく、全身管理の観点から局所性ジストニア・本態性振戦・手足のつっぱり(痙縮・けいしゅく)などの疾患に効果が期待されます。

担当医師

国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター
第三神経内科
坂本 崇(さかもと たかし)

外来担当表

午前

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
猪野 裕通神尾 正巳
(第1、3、5)
平澤 研一渡邉 丈博小原 琢磨松村 潤
四方 聖二
(ガンマナイフ)
平 孝臣
(機能神経外科)
吉野 義一落合 卓
(ガンマナイフ)
神田 大
(時間不定期)
横田 隆子
(神経内科)
小原 琢磨
(ガンマナイフ)
坂本 崇
(ボトックス)
林 基弘
(ガンマナイフ)
小原 琢磨
(ガンマナイフ)

午後

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日
猪野 裕通
(14:00〜)
小原 琢磨猪野 裕通
(13:30〜)
松村 潤渡邉 丈博川俣 貴一
(不定期)
代田
(神経内科)
(14〜15:30)
神尾 正巳
(第1、3、5)
平澤 研一
(14:00〜)
落合 卓
(ガンマナイフ)
神田 大
(時間不定期)
四方 聖二
(ガンマナイフ)
横田 隆子
(神経内科)
小原 琢磨
(ガンマナイフ)
坂本 崇
(ボトックス)
林 基弘
(ガンマナイフ)
小原 琢磨
(ガンマナイフ)

* 東京女子医科大学脳神経外科主任教授 川俣 貴一
* 東京臨海病院副院長兼脳神経外科部長 神田 大