三愛病院トップページ
 三愛病院放射線科は単純X線写真、CT、MRI、超音波検査などにより体の中を画像化して詳しく調べ病気の診断をする“画像診断”、 血管撮影装置などで観察しながら体内に挿入されたカテーテルなどを病気の部分まで進め血管性病変や腫瘍などの治療を行う “インターベンショナルラジオロジー: IVR”、放射線を使い侵襲性の低いがん治療を行う“放射線治療”、の3部門から構成されています。
責任者:石井