HOME > 看護部長あいさつ

看護部長あいさつ

看護部長 兼 副院長
城守 良子

『その人がその人らしく感情を表現でき、不足のときは補い、
 愛ある人間関係を築き上げられる看護をめざしたい』



 三愛病院は救急医療をかかげています。 医療の高度化に伴い、患者さんの重症度も高くなる現状のなかで、私たち看護師は、臨機応変に対処する必要があります。 そこには的確な判断を求められ、看護展開では安全性・倫理観が常に要求されることはいうまでもありません。 これらを確実なものにするには、豊富な知識・感性が必要であると思います。 こうしたことを念頭に置いて、看護部では、教育体制の充実を図り向上に努めております。
 また近年、認定看護師・特定看護師も必要不可欠な存在であるゆえ、資格取得を推進していきたいと考えております。 急性期において、いかなる場合も人への思いやりが優位にあることを忘れず、全員一丸となって質の向上に努めることで患者さんも職員も満足する、それが看護師一人ひとりの成長と、愛ある看護に繋がることを願っています。