• TEL: 048-866-1717(代表)
  • 医療法人社団 松弘会 三愛病院

TEL.048-866-1365


安心、安全 愛ある看護を提供します
高度な技術と先端機器で早期発見・早期治療に尽力!

医療法人社団 松弘会 三愛病院は、1985年4月1日埼玉県浦和市(現さいたま市)西部地区に開設しました。
“三愛” の名前の由来は、病院理念である三つの愛が基本となっております。

  • 患者さんへの愛と思いやりの心
  • 地域を愛する心
  • 医療に奉仕する心

この三つの愛と心をモットーに、職員一同この地に医療を捧げています。
 

教育

急性期を掲げている私たち看護部は、ご挨拶で紹介しましたとおり、豊富な知識・判断力が要求されることは言うまでもありません。
視野を拡大するために、各々が段階を経て教育を受け、成長できるシステムづくりと参画を進めています。
併せて、教育委員会が主体となりコメディカルと共有しながら、個々の成長の支援を行っています。


看護部長挨拶


『その人がその人らしく感情を表現でき、不足のときは補い、
愛ある人間関係を築き上げられる看護をめざしたい』

三愛病院は救急医療をかかげています。 医療の高度化に伴い、患者さんの重症度も高くなる現状のなかで、私たち看護師は、臨機応変に対処する必要があります。
そこには的確な判断を求められ、看護展開では安全性・倫理観が常に要求されることはいうまでもありません。
これらを確実なものにするには、豊富な知識・感性が必要であると思います。

こうしたことを念頭に置いて、看護部では、教育体制の充実を図り向上に努めております。
また近年、認定看護師・特定看護師も必要不可欠な存在であるゆえ、資格取得を推進していきたいと考えております。
急性期において、いかなる場合も人への思いやりが優位にあることを忘れず、全員一丸となって質の向上に努めることで患者さんも職員も満足する、それが看護師一人ひとりの成長と、愛ある看護に繋がることを願っています。


クリニカルラダー

レベルⅠ 新人入職者・卒後1年目
看護の基礎教育・知識・態度を習得し安全な看護指導を受け提供できる。
社会人・特に看護師としての自覚を持ち社会生活に適応できる。
 
レベルⅡ 2年目~5年目
根拠に基づいた知識・技術をもとに看護が提供できる。自律した実践ができる。
 
レベルⅢ 6年目~7年目
根拠に基づいた知識・技術をもとに個別看護の実践・指導ができる。看護実践においてリーダーシップが発揮できる。
 
レベルⅣ 8年目~
看護専門職として、管理に必要な知識・技術・態度を習得し組織運営の責任を負う自覚を持つ。組織の理念や方針を理解し、顧客の視点で感度業務を総括できる。


海外研修

海外研修
『視野の拡大とマネジメント能力の探求』 アメリカ・アーカンソー州HHPJ研修 顧客(内部・外部)満足度№1のホスピタルにて研修を行っています。 日本と違う点で保険制度が確立していないアメリカで医療を受けられない患者に対し、満足のいく医療のあり方がみられました。海外での研修の機会は視野の拡大を図るため、今後も継続して行っていく予定です。 5~6人グループで4チームが渡米しています。

プリセプターシップ

プリセターシップ
プリセターシップ
急性期の経験の少ない私にとって、先輩の厳しく優しい指導は頑張っていこうと前向きな気持ちになりました。(プリセプティ)

学生実習

学生実習
『大切な後輩の育成のために』
看護学生実習 平成25年6月より、看護学生実習施設として厚生局より認可され気の引き締まる思いです。看護の基礎を作る大切な時期であります。責任をもって指導にあたることはもちろんですが、看護部全体で教育の視点に改めて立つ機会にし、学生と看護観を高めながら歩いております。

BLS講習会

BLS講習会
BLS講習会
『BLS 3年間で全職員100%マスター』 当院は救命医療を施しています。そのためには全職員が救命に勤しむ必要があります。BLSをマスターすることで少しでもチームの役割を認識できれば、と看護部が中心となって救命士の協力の下、研修を行っています。

地域教育

地域教育
『地域の方と共に健康を考える』 地域連携室との協賛 地域に根ざす病院として予防教育を考えます。 当院の地域連携室と協賛し、院外講演会等、地域の健康教育に参加しています。

採用情報