• TEL: 048-866-1717(代表)
  • 医療法人社団 松弘会 三愛病院

MRI CT

>>当院で稼働している最新型MRIやCT、マンモグラフィなどの機器についてのご紹介はこちらをご覧ください。

心臓冠動脈MRI検査は国内トップクラスの実績がございます。
(年間651件 平成24年度)
放射線被ばくもなく、多くの患者さんに安心の医療をご提供いたします。
2013年9月より東芝メディカルシステムズ社製「Aquilion ONE / ViSION Edition(320列)」を導入しました。 この Aquilion ONE は、わずか0.275秒で320枚の画像を撮影することができるため、日常検査の適応範囲拡大と共に、心臓CT検査を始め、様々な検査でのアクセス性や操作性を向上させます。
2013年9月より東芝メディカルシステムズ社製「Aquilion ONE / ViSION Edition(320列)」を導入しました。
この Aquilion ONE は、わずか0.275秒で320枚の画像を撮影することができるため、日常検査の適応範囲拡大と共に、心臓CT検査を始め、様々な検査でのアクセス性や操作性を向上させます。

 


ガンマナイフ

>>詳しくは「さいたまガンマナイフセンターホームページ」をご覧下さい

ガンマナイフ
レクセル ガンマナイフ パーフェクション(ELEKTA製)
ガンマ線を’メス’の代わりに用いて、脳腫瘍や脳血管障害、てんかん・パーキンソン病などの機能的疾患に対して治療を行います。頭部の周囲に配置した192本の放射線の線源から同時に病変へガンマ線(放射線)が放出され、唯一点に照射できるシステムとなっています。大事な神経機能を温存できる可能性が一段と高くなり、より「安全」かつ「高品質」な治療の実践が可能となりました。
責任者 鈴木

 


超音波診断装置(4D)

超音波診断システム
東芝社製 超音波診断システム(4D) Aplio500 2012年3月導入
従来の2次元画像
従来の2次元画像
超音波診断システム
新世代のリアルタイム3次元画像
責任者 落合

 


内視鏡システムEVIS LUCERA ELITE 2015年1月導入

>>OLYMPUS様HPへ
オリンパス製品
 


レーザー光源搭載 新世代内視鏡システム

>>富士フイルム様HPへ
富士フイルム製品
 

責任者 西田

小腸用カプセル内視鏡

小腸用カプセル内視鏡
ギブン・イメージング社製
PillCam SBⅡ
直径:1.1cm 長さ2.6cm
埼玉県内の医療法人では初導入!
ゴクンと飲むだけのカプセル内視鏡は、従来の内視鏡、検査と比べて、患者様の身体的な負担を大幅に軽減します。また、従来の検査では直接観察することが難しかった小腸内の疾患の状態が観察できるため、その後の治療に貢献します。保険が適用されたことによる経済的なメリットも見逃せません。このようにカプセル内視鏡は患者様に恩恵をもたらします。
なお、2010年3月現在、日本国内では、小腸用カプセル内視鏡は原因不明の消化管出血に対する検査のみに適用されています。一方海外では、すでに食道や大腸用カプセル内視鏡も実用化されていて、患者様のQOL(Quality of Life:生活の質)の向上に貢献しています。日本の医療機関でも早期実用化が待たれています。
>>詳しくはこちらをご覧ください

2010/3/18 責任者 西田

 

高気圧酸素

 急性一酸化酸素中毒、大量出血、重圧熱傷、広範囲の挫滅創(ざめつそう)、あるいは血管断裂を伴う急性末梢血行障害、心筋梗塞急性期、脳血栓もしくは脳塞栓、あるいは頭部外傷・開頭術後の意識障害、ガス壊疽(えそ)などの嫌気性菌感染症などをその適応疾患としています。
>>詳しくはこちらをご覧ください
責任者 早藤 2013/12 更新

 
 

オリンパス4K外科用内視鏡

埼玉県下初導入(北関東圏2台目)
外科手術用内視鏡システム(VISERA 4K UHD)を2016年8月に導入しました。
従来のフルハイビジョン映像に比べて、画素数が約4倍の高精細な映像での手術が可能となり、内視鏡外科手術(胸腔鏡・腹腔鏡下手術)の更なる正確性・安全性が向上しました。
【主な特徴】
*高精細:4Kならではの、高精細映像が手術時の視認性向上に貢献
*広色域:豊富な色再現性が、微細組織(血管、神経、リンパ管など)の容易な識別をサポート
*拡大視:大画面及び電子ズームの拡大視で繊細な手術操作をサポート