• TEL: 048-866-1717(代表)
  • 医療法人社団 松弘会 三愛病院

睡眠中に息がとまることがあると指摘されたことはありませんか?
よく大きないびきをかいているといわれたことはありませんか?
 
そのような症状があるなら睡眠時無呼吸症候群の恐れがあります。
睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に舌を支える筋肉がゆるみ重力により下顎が下がって空気の通り道である気道が塞がれ無呼吸の状態が発生する病気のことです。
代表的な症状としては「大きないびき」や「日中の眠気」よくあることと思われがちですが放っておくと日常生活に支障をきたし心筋梗塞や動脈硬化など命にかかわる病気や生活習慣病の引き金になったりもします。
当院は、SAS(睡眠時無呼吸症候群)専門医と連携をとりながら治療を進めています。
 
SAS用マウスピース
sas1
 
sas2